TOP TOP

2月22日アーサー・ビナード氏講演会

 

2月22日(土)今治にて

中原中也賞受賞詩人

アーサー・ビナード氏の

講演会が二つ開催されます。

 

13:15〜15:30

今治市河野美術館にて

せっけんを広める会主催

参加費 500円

 

18:00〜20:00

カフェ・マグノリアにて

参加費 2000円

 

何故こうも参加費が違うのか?

 

マグノリアでは

オーガニックなお茶と菓子付

恐らく10人前後の少人数で

アーサーさんを囲んでの

和やかな夜のお茶会の感じで

 

今この国で起きている

さまざまな問題の本質を

秀逸な詩人の感性と共に 

紐解く時間を共有できたら

そう願っています。

 

広い会議場で大人数で聞くのも良し

小さな会場で少人数で分かち合うのも良し

 

アーサーさんのお話しは

この国の矛盾を的確に

あぶりだしてくださいます

 

お時間とお財布の(笑)

都合の良い方に ぜひ

ご参加ください。

 

両会場とも書籍の販売もありますが、

マグノリアでは2月20日発売

最新著書「そもそもオリンピック」の

販売も予定しています。

 

私たちと一緒に 詩人と一緒に

ものごとの「本質」というものを

考える時間を共有しませんか?

 

ひとりでも多くの方のご参加

心よりお待ちしております。

 

 

マグノリアではお茶菓子の用意もあるので

事前にご予約いただけると助かります。

アーサー・ビナード氏著書続々と

 


2月22日(土)18:00〜の
アーサー・ビナード氏講演会に向けて
続々とアーサーさんの著書が届き始め
ワクワクしながら拝見しています。

ほぼ毎回新刊が出る度に送ってくださる
アーサーさんの書籍の中で唯一無かった
ボブ・ディランの「Forever Young」を
今回は発注しました。



アーサーさんの初めての講演会を
開催させていただいたのが7年前
「はじまりの日」と訳された
この素晴らしい絵本は10年前の発刊



ボブ・ディランが息子を想いながら
作ったというこの曲のアーサーさんの
訳詞が素晴らしくて ぜひ皆さんに
手に取っていただきたい そう願って。

今回の講演の内容とは少し異なるけど
アーサーさんのサインをいただいて
大切な人たちに贈りたい そう想い
瀬尾既に5冊取り置き(苦笑)





イラストも何もかもお気に入りの一冊です。

そしてもう一冊は「雨ニモマケズ」


これまで何度となく訳されてきた
名詩をアーサーさんならではの
鋭い視線で訳された秀逸な一冊。
イラストも美しく 本来の日本の姿に
想いを馳せながら美しい英訳で読む。

鋭いあとがきにも今の日本の有り様に
想いを巡らせながら。。。

その他沢山の書籍が届く予定です。
類い稀な詩人の感性に触れ
日本の「今」を「現実」を
詩人と共に考えてみませんか?

アーサー・ビナード氏講演会 →

お申し込みお待ちしています。
 

 

「そもそもオリンピック」 アーサ・ビナード氏講演会

 

元京都大学助教授小出裕章氏の

最新著書を読んだ?

 

そうアーサー・ビナード氏が

電話口で問いかけてきた新年。

 

小出裕章著

「フクシマ事故と東京オリンピック」

2019年12月 径書房

 

40年以上にわたり原発をなくすための研究と

運動を続けてきた小出氏の新刊が出たのに

メディアはまるで報じない!と声を荒げて。

 

広島原発約1000発分のセシウムが

環境に放出されたであろうこの国が

今なお「原子力緊急事態宣言」下にある

という事実を意図的に忘れさせるための

オリンピック開催なのではないか?

 

そう研究者も詩人も口を揃えて言う。

 

この国はこれから100年たっても

「原子力緊急事態宣言」下にあるのに。

 

フクシマ事故の下で苦しみ続けてきた

罪のない人々の救済無しに

1兆円を超える莫大な税金を

「お・も・て・な・し」と

国外の人々を受け入れる箱モノを

作るこの政府の在り様に違和感を

感じるのは私だけだろうか?

 

小出裕章氏はその著書の中で

今回のオリンピック熱が

まるで先の戦争のようだと語る。

戦争に反対する隣人を非国民だと

断罪して抹殺していったあの戦争に。

罪のない人々を棄民したまま

「オリンピックが大切だ」という国。

私は喜んで非国民になろうと。

 

原子力緊急事態宣言下のこの国で

開催される東京オリンピック。

参加する国も人々ももちろん

被爆の危険を負うが 一方で

この国の犯罪に加担するのだとも。

 

「フクシマ事故と東京オリンピック」は

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、

ロシア語、中国語、アラビア語に翻訳され

世界に発信されているにもかかわらず

我々国民の目に留まることはない。

なぜなのだろうか?

 

そして私達に何が出来るのだろうか?

 

類まれな米国生まれの詩人が

その謎を紐解く時間を

皆さんと共有できたらと

願っています。

 

2月22日 18:00〜約2時間

カフェ・マグノリアにて

 

参加料: 2000円(当日払い)

 

お申込みはお電話またはメールにて

カフェ・マグノリアまで

 

TEL: 0898-55-4350

MAIL: cafemagnolia55@gmail.com

 

 

 

 

 

アーサー・ビナード

1967年米国ミシガン州生まれ。高校時代より詩を作り始め、ニューヨーク州コルゲート大学にて英米文学を学ぶ。90年に卒業の後、来日し、日本語での詩作と翻訳を始める。2001年第一詩集「釣り上げては」(思潮社)で中原中也賞を受賞。「日本語ぽこりぽこり」(小学館)で講談社エッセイ賞、「ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸」(集英社)で日本絵本賞、「左右の安全」(集英社)で山本健吉賞、「さがしています」(童心社)で講談社出版文化絵本賞を受賞。著書多数。2012年に広島文化賞受賞。2017年早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。「ドームがたり」(玉川大学出版部)で日本絵本賞受賞。

 

小出 裕章(こいで ひろあき)

元京都大学原子炉実験所助教。工学博士。

第二次世界大戦が終った4年後の1949年8月台東区上野で生まれる。中学生のとき地質学に興味をもち、高校3年までの6年間、ひたすら山や野原で岩石採集に没頭する。68年、未来のエネルギーを担うと信じた原子力の平和利用を夢見て東北大学工学部原子核工学科に入学。しかし原子力について専門的に学べば学ぶほど、原子力発電に潜む破壊的危険性こそが人間にとっての脅威であることに気づき、70年に考え方を180度転換。それから40年以上にわたり、原発をなくすための研究と運動を続ける。2015年3月に京都大学を退職。現在は長野県松本市に暮らす。著書に「隠される原子力・核の真実ー原子力専門家が原発に反対するわけ」(2011年11月/創史社)、「原発のウソ」(2012年12月/扶桑社新書)、「100年後の人々へ」(2014年2月/集英社新書)ほか多数。

10月23日大西つねき氏講演会


お陰さまで「大西つねき氏講演会」残り3席となりました。椅子だけのお席でも構わなければプラス6席ご用意できます。(合計9席)

この片田舎で80名を超える方々が即座にお申込みくださったのも、「この世界を少しでもより良いものに。」という皆さんの想いの集積だと思います。

無料駐車場は36台分しかありませんが、裏手国際ホテル横に終日300円の有料駐車場もあります。

23日河野美術館でお待ちしています。

大西つねきさん講演会 →

秋の体を整える体質改善ディナー


生憎の曇り空ですが「秋の体を整える体質改善ディナー」開催させていただきました。











三連休ははヴィーガンピザやチリビーンズなど、マグノリアならではのエスニック料理をお届けします。お楽しみに。

秋の体を整える体質改善ディナー


その昔日本では満月と新月の日には小豆を食べる習慣がありました。小豆の持つ解毒作用を知っていたのでしょう。今では砂糖無しで料理する小豆は珍しくなりましたが、昔は一切砂糖を使わないで調理していました。最小限の油や調味料を使って。 とかく現代人は油脂の摂りすぎが顕著です。潤滑油と言われるほど、体内の循環を促進してはくれますが、摂りすぎは体に毒。中秋の名月のこの日、植物性油も殆ど使わず、土鍋でコトコト炊いた有機小豆玄米粥と季節野菜の精進料理で、体内に蓄積した毒素を思いっきり排出してみませんか? まだお申込み受付ています。

中秋の名月ディナー会 20名限定


秋の体を整える体質改善ディナー


9月13日(金)18:30〜


キャンドルの薄明かりの中
秋の虫たちの奏でる音色と
中秋の名月を 秋を感じる
体質改善ディナー


お一人さま 5000円


秋の虫たちの音色が
心地良く響く秋の始まり
手間暇かけたマグノリアならではの
秋の体質改善フルコースディナーを
20名限定で提供させていただきます





お電話・メールにてお申し込みの上
下記口座にお振込の上受付完了です。

【お申し込み】
cafemagnolia55@gmail.com
0898-55-4350

【お振込先】
郵貯銀行から
郵貯銀行 01660-8-39355
ユ)マグリア

他銀行から
郵貯銀行 イチロクキュウ支店
店番 169 当座預金
口座番号 0039355


*アルコール類の提供はございません。
運転されない方でご持参されたい方は
ご相談ください。


当日はディナーのみの提供となります。
ランチ営業はしておりません。
ご了承ください。

大西つねきさん講演会 →

大西つねきさんをご存知ですか?

 

2011年3月11日

未曽有の大災害東日本大震災から

8年以上の月日が流れました

 

目を覆いたくなるような衝撃的な映像が

次から次へと雪崩のように襲いかかり

これからどのようにこの国で

生き延びていけば良いのか?

何に希望を見出せば良いのか?
 

そんな不安を払拭したくて

同年6月11日龍村仁監督

地球交響曲第七番を自主上映

 

全ての生命が潔く

健やかに生き続けるために

 

母なる星GAIAから

ミクロのバクテリアまで

この世の全ての生命体が

その内部に秘めている

生命の叡智・自然治癒力の

健やかな発現を願い作られた

この作品を今治市玉川町で

上映するという無謀な試みも

誰よりも私達自身の中にある

自然治癒力を発動したかった

からなのかもしれません

 

敬愛する大江健三郎氏が初めて

故郷愛媛で講演するというのを

聞きつけどうにか参加出来ないか

思案していたところチケットを

くださる奇特な方に出逢い

講演会に参加したのは

2013年5月20日でした

 

「なぜ今希望を語るのか」

そう題された講演の中で

伊丹万作氏のエッセイを紹介

 

伊丹万作氏は、太平洋戦争時の

「騙された者の罪」について語っている

それを今回の原発事故と照らし合わせ

原発安全神話を、無関心にも容認し

事故後「自分たちは騙されていたのだ」と

声高に叫ぶ国民に対し

無感覚・無関心であったことを

反省しなければならない

そう大江氏は語り

本質的に大切なことは

他の何事とも比較できない

選ぶ事の出来ないものだと

それは、次の世代の子供達に

生きていさせてあげるということ

それが、私達がなすべき

本質的なことなのだと

講演を締めくくられました

魯迅の言葉を引用しながら

 

大江健三郎氏愛媛講演の感想 → 

 

映画上映と前後して

滅多にテレビを見ない私が

呼ばれるようにテレビを付け

その映像に釘付けになった

アーサー・ビナード氏のお話し

 

この人なら今私たちが置かれている

悲惨な結果の原因を紐解いてくれる

何故かそう思った

会って直接お話しを聞きたい

そう思い手紙を書く

幸運にもアーサーさんをインタビューした

NHKプロデューサーを知っていたから

 

2013年11月9日ここ玉川で

なぜ原発事故が起きたのか?

なぜ原発に国民は反対しなかったのか?

私たちの無関心が全てを呼び起こした

そうはっきりと解説してくれました

私たちより流暢な日本語で・・・

 

そんな風に無関心でいることの危険性を

何度も何度も耳にしながらも

誹謗中傷ばかり渦巻く政治の世界に

国会で居眠りしている議員たちに

辟易し希望を見いだせないまま

先の参議院選挙を迎えました

 

娘の巣立ちとともにテレビを処分したので

マスメディアから入ってくる情報も無く

ネット上から流れてくる候補者の講演とか

演説を注意深く拝聴しながら

比例区で誰に投票するか思案してたその時

大西つねきさんの映像が流れてきた

 

講演会のダイジェストを1時間半

じっくりと聞き 何故か心躍り 調べると

「私が総理大臣ならこうする」という本も

出版されているというので取り寄せ

休日に読んでみると「希望」という

言葉しか思い浮かばなかったほど

心躍る内容だった

 

この人が語る政策を全て実行できたら

次の世代の子供たちに「希望」を

与えてあげられるんじゃないか?

そう思ったのです

 

読後感など公式ホームページに送り

いつかお話しをお聞きしたいと

メッセージすると ちょうど

四国ツアーを秋に予定している

香川の方がオーガナイズしている

先方も私のことを知っている(@@)

そうお聞きし小豆島旅行の帰り

お逢いし今回のイベントが決定

 

 

大西つねき氏講演会

10月23日(水)

13:00〜16:00

 

河野美術館4階講演室(先着90名様限定)

 

参加料:¥2000

 

お申込み: cafemagnolia55@gmail.com

                          もしくは

      0898-55-4350(マグノリアまで)

 

 

 

50名位ならマグノリアでも

Rumi's Houseでも収容可能かも?

その方が皆さんリラックスできるのでは?

そう思ったのですが

一人でも多くの方に聞いていただきたい

その気持ちも強く河野美術館での開催に

踏み切りました。

今治駅からも近く駐車場もあります。

 

まだ2ヵ月先です。

有給申請してお申込みください。

 

スキップしながら会場を後にすること

間違いないですよ!笑

 

アメリカ出発当日娘が手書きしてくれた

手書きのチラシを香川のオーガナイザーが

編集してくださいました。

マグノリアに置いておきます。

 

PC作業が器用なようで不器用な私は

イベントページも作れないかも(苦笑)

メールまたはお電話にてお申込みを!

 

 

ベジカレーお持ち帰り可


オーナー瀬尾の30年来の友人が
小田原で経営するインドレストラン
「バルティア・ザイカ」の人気
ベジメニューがマグノリアで食べれる
ことは既に告知させていただきましたが
お持ち帰りも出来るのです!

チャイ無しお持ち帰り 1500円

パラクパニール
自家製カッテージチーズとほうれん草のカレー
メインスパイスはクミンシードとガラムマサラ

ダルブカラ
インドでは日常的に食べられているウラド豆
トマトベースにカシューナッツやクリームでコクを!

自家製ナンとサラダ付

食後にはマグノリアのオーガニックチャイ付き
インドでしか味わえない良質のカレーと
心と体を鎮めるマグノリアのチャイとで
来るべき夏に備えてみませんか?

当日はスパイスの効いたスイーツも
用意してみたいと思います

5月24日(金)25日(土)のみ
限定30食

おひとり様 2000円

ぜひご予約くださいね!

TEL: 0898-55-4350
Mail: cafemagnolia55@gmail.com

5月24日(金)25日(土)は(勝手に!笑)インドの日!

 

オーナー瀬尾の30年来の友人が

小田原で経営するインドレストラン

「バルティア・ザイカ」の人気

ベジメニューがマグノリアに!

 

パラクパニール

ジカセイカッテージチーズとほうれん草のカレー

メインスパイスはクミンシードとガラムマサラ

 

ダルブカラ

インドでは日常的に食べられているウラド豆

トマトベースにカシューナッツやクリームでコクを!

 

自家製ナンとサラダ付

 

食後にはマグノリアのオーガニックチャイ!

 

インドでしか味わえない良質のカレーと

心と体を鎮めるマグノリアのチャイとで

来るべき夏に備えてみませんか?

 

当日はスパイスの効いたスイーツも

用意してみたいと思います

 

5月24日(金)25日(土)のみ

限定30食(ご予約のみの提供です)

 

おひとり様 2000円

 

ぜひご予約くださいね!

 

TEL: 0898-55-4350

Mail: cafemagnolia55@gmail.com

 

バルティアザイカオーナーが

厳選した夏に涼しく快適な

インド綿の洋服の販売も同時に。

永年良質の洋服・雑貨店も経営してきた

彼女ならではの審美眼で選び抜いた

カットワークや刺繍を駆使した

お洒落なデザインの洋服お沢山!

 

お洋服・雑貨を見に来られるだけでも

もちろんウェルカムです!

(そりゃあ、何か食べてくれと嬉しいが!笑)

 

緑豊かなこの玉川でスパイスの効いた

インドの風を感じてみませんか?

Profile

愛媛県今治市玉川町にあるマクロビオティックカフェです。

詳しくは

facebook.png

をご覧ください。

連絡先

MAGNOLIA(マグノリア)

〒794-0109

愛媛県今治市玉川町長谷甲1060-1

0898-55-4350

CafeMagnolia55@gmail.com

午前9時半〜午後5時半

カフェ営業 木〜日

定休日 火・水

毎週月曜料理教室

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

others

mobile

サイトオーナー